I’m sorry to の使い方

ブログにお越しいただいてありがとうございます。

感謝とともに、ありがとうございますっの気持ちをお伝えしたいです(同じですね)

土曜日ということでしたが朝は5時30分に起きました。

昨日の夜から涼しい風。雷と風と雨が続く一日でしたね。

こういう日はリセットできる、というか時間の感覚がぼんやりしませんか?さて来週の授業のページを読んでいたら・・

I’m sorry to hear that.

この英文は3つの意味がある、という記事がありました。

1それを聞いて残念に思います。(これは素直にわかりやすいですね)

2それは気の毒でしたね。(誰かが亡くなった知らせを聞いたときの決まり文句として)

3それは大変申し訳ございません。(クレームの電話の応対としてよく使うそうです)

上の3つは、わたしのせいで「ごめんなさい」ではなく、同情やあわれみを表しています。

「ごめんなさい」の例として

I’m sorry to be late.遅れてごめんなさい。

I’m sorry to leave so soon. 早く帰ってごめんなさい。

ここでleave so soonの使い方もひとつ。

It’s getting dark. I have to go now. 暗くなってきた。もう行かないと。

Are you leaving so soon?  (そんなに早く)もう帰ってしまうの?

 

ところで、良い知らせでうれしい時の例は

I’ve found a new job.  新しい仕事が見つかったよ。

I’m glad to hear that. それは良かったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。