不定詞「~しないように」には注意して

ブログへようこそ。ありがとうございます。

不定詞「~しないように」には注意して

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編(大矢 復著)より

1 So that構文「~するために」の書きかえとしてto不定詞があります。

He studied so hard that he could pass the exam. 目的を表すso that

He studied hard to pass the exam. 目的を表すto不定詞

彼は試験に合格するために一生懸命勉強した。

2 「~しないために」の場合はnot toはさける、とありました。

なぜ?理由は意味があいまいとなるから、です。

二つの文を比べてみます。

×① He ran to the station not to miss the train.
② He ran to the station not to miss the train, but to take pictures there.

②彼は電車に乗り遅れるためではなく、写真をとるために駅へ走った。

but toとの比較であればnot toでよいですが、「~しないために」という意味ではなくなります。

He ran to the station so that he would not miss the train

彼は電車に乗り遅れないように駅へ走った、という否定の目的にするには
so as not to / in order not to として、「しないように」を明確にするとOKです。

He ran to the station so as not to miss the train.
He ran to the station in order not to miss the train.

*例外  次の2つはnot toでOKです。「~しいないように」という意味が明確であるため。

Take care not to
Take care not to catch a cold. かぜをひかないように気をつけて。

Be careful not to
Be careful not to drink too much.飲みすぎないように気をつけて。

英作文ではSo thatが使いやすい、ということが何度か書かれていましたね。驚く暑さです。男性でも日傘がいるのではないかな・・正午外を歩いている人を見て思いました。自転車日傘は暑さでふらつくので気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。